沿革    
昭和22年4月 渡部由吉が夕張市にて畳工事店渡部商店を創業する。
昭和43年4月 札幌市白石区に支店を置く。
昭和45年11月 室内装飾工事専門店として有限会社渡部室内工業を設立。(資本金260万円)
代表取締役に渡部敏裕 就任。
昭和50年6月 資本金500万円に増資。現在地に社屋を新築する。
平成11年 6月 全日本不動産協会に加盟。宅建業に取り組む。
平成11年11月 ロックウール吸音板のメンテナンス「シーリング・マジック」を開始。
平成14年5月 資本金1000万円に増資。
ワタベインフィル株式会社へ社名変更。
平成17年4月 代表取締役 渡部 敏裕 辞任、監査役就任。
取締役営業部長 渡部 裕史、代表取締役に就任。
平成20年12月 賃貸マンションリノベーション事業を開始。
平成21年 8月 室内装飾・畳製造部門を独立させ、渡部室内工業株式会社を設立。
平成22年 1月 東京営業所を東京都港区に開設。
平成23年 5月 資本金3400万円に増資。電気工事業登録。
平成23年 6月 業務拡大の為、東京営業所を豊島区東池袋へ移転。
平成28年 7月 渡部室内工業株式会社を吸収合併。
平成30年 3月 業務拡大の為、東京営業所を秋葉原へ移転。